千葉で同僚の葬儀。お悔やみの電報はいつが良いですか?

葬儀に宛てたお悔やみの電報は、葬儀の前日まで、早くても3日~4日前を目安に千葉の葬儀場宛てに出すのがベストです。

早すぎる弔電は良くありません。

■葬儀の前日まで。

3日~4日前がベストな時期。

お悔やみの電報(弔電)は、原則として葬儀の前日までに、故人の自宅か葬儀場に届くように手配するのが常識です。

但しこの時期は葬儀の確認や準備で気忙しい最中ですから、自宅に送るよりは葬儀場に宛てて送ったほうが親切です。

早くても葬儀の3日~4日前が目安です。

宛名は喪主もしくは故人名でも構いません。

弔電の申込みはインターネット、NTT、郵便局で受付けてくれます。

〇気になるニュース《139年の歴史に幕 フランスの電報廃止に – Ameba News [アメーバニュース]

■弔電は1日を競うものではなくタイミングが大事。

早すぎる弔電は、結局のところ故人の自宅・ご遺族の居住先に送ることになるので、送られた側に負担をかけることになります。

千葉の事例でも、早いほうが良いと送ってしまった電報が葬儀前のゴタゴタで紛失してしまい、弔電の紹介に間に合わなかったというケースがあります。

早ければ良いというものではありません。

ご遺族に負担をかけず、紛失の可能性が少ないのは葬儀場宛てです。

■お悔やみの電報を送るのは、葬儀場に向けて前日までに差し出すのがベスト。

早すぎると紛失の恐れもあります。

たとえば出張や子育てで千葉の葬儀に参列できないとしても、自分のタイミングだけで「忘れないうちに」と早すぎる電報を送ってしまうのは考えものです。

弔電であれ手紙であれ、タイミングをはかるのは相手のためです。

送る日にちは予約時に指定できますのでご確認ください。