お悔やみの電報をネットで申込むことはできますが、その場合、弔電の文面は事前に作例を検索し準備しておきましょう。

■ネットで申込むならタイミングを考えて。

お悔やみの電報(弔電)は、NTTや郵便局のほか、インターネットでも申し込めるようになっています。

弔電を送る場合には葬儀の前日までがギリギリのタイミングですが、あまり早く送りすぎても、先方は葬儀の準備で忙しいでしょうから、自宅ではなく千葉の葬儀会館が決まってからが良いでしょう。

つまり遺族の方から千葉での葬儀の案内状が届いてからということなります。

■弔電の文案は事前に準備しておくこと。

ネットで弔電を申込む場合は、弔電の文案などを事前に準備しておくか、文例を検索してそのまま入力できるようにしておきましょう。

葬儀の日程が間近に迫っていて、それでも弔電の文面がうまくまとまっていない場合は、NTTに電話して申込むのが便利です。

だいたいの主旨を伝えればその場で文例を音読してくれます。

それをベースに、付け足したいフレーズなどをオーダーすれば簡単です。

■弔電の文面には、故人との関係性にしたがって使うべき言葉のルール、マナーがあります。

間違いのないようにしましょう。

たとえば故人が叔母に当たる場合、叔父に当たる場合、また仕事上の上司か同僚か、あるいは旧友かなどによっても、用語や弔電の下りに一定のルールがあります。

葬儀は頻繁にあるものではないので、不慣れであるなら、事例・例文を参考にワンフレーズを付け足すようにするのが無難です。

〇こちらの千葉の葬儀応用サイトもおススメです。